山陽工業株式会社

空調衛生工事部

フューチャー工法で配管工事をコンダクトするトータルエンジニアリング

 建築技術の進歩とともに、当社の配管エンジニアリングも日々前進しております。
 従来のプレハブ技術を生かし、早くから三次元キャドを導入し、施工図から資材集計やプレハブ加工図の出図まで一貫した作業を可能にし、より迅速で正確なプレハブ加工図を実現。地球にやさしいという言葉の浸透とともに再生可能な原材料が見直され、当社のステンレス鋼管の加工技術も増しました。その性能は高く評価され各地の現場で利用度が高くなっています。

 また、当社オンリーワンの技術「配管フューチャー工法」は長者原工場で、事前にパイプの加工からバルブの取り付けまでユニット化し、建設現場では搬入した各ユニットの接合だけとし、極限まで現場での作業を減らしたエコ技術の未来工法です。
 この工法での施工は、これまで日本各地の高層ビル、ドーム球場や半導体工場など多くの納入実績を誇っています。

 こうして従来の工法、概念から抜け出した新しい未来工法を採用し、「設計・施工・監理」までのトータルエンジニアリングで、「より高品質なものを、より速くより安く。」をモットーにお客様の満足度アップに努めております。

溶接不要の画期的な鋼管接合方法

鋼管又はステンレス鋼管にルーズフランジを挿入し、管端を当社独自の母管材質を変えない方法で「フレア加工」して、ボルト・ナットで接合する溶接不要の画期的な鋼管接合工法です。従来の溶接接合に比べ品質の安定・工期の短縮、そしてトータルコストダウンという大きなメリットがあります。もちろん「耐圧試験」「繰り返したわみ試験」「実体引張試験」等の機械性能試験、「応力腐食試験」「流動腐食試験」等の耐食性能試験をクリアした信頼いただける工法です。

山陽工業株式会社の最新鋭工場

長者原第1工場

管材の各種加工

建築設備・造船・プラントなど幅広く各種配管加工を行っています。ステンレス管工場・ユニット工場・フレア工場

所在地:
尾道市長者原1丁目220-54
敷地:
9,900m2

長者原第2工場

大口径配管の加工

主に大口径配管の加工を行っています。

所在地:
尾道市長者原1丁目220-49
敷地:
2,845m2

松永工場

架台・歩廊の製作

各種新鋭機器を導入し高品質な架台・歩廊の製作をしています。

所在地:
福山市南松永町4丁目11-43
敷地:
6,300m2

ISO 9001:2008認証取得

適切な品質管理に基づいた製品をお届けしています。

山陽工業株式会社は厳格な規準で資材・原材料を選定し、先進の生産システムを整備した工場で高品質な製品を製造しています。本社空調衛生工事部並びに長者原第1工場、長者原第2工場、松永工場は、2009年国際品質マネジメントシステム「ISO 9001:2008」の認証を取得いたしました。製作からアフターサービスまで厳しい規格に適合する品質管理を徹底し、お客様の満足度の向上に努めています。

施工実績

最新の施工実績をご覧いただくには、ログインしていただく必要があります。
下記のログインIDとパスワードを入力して、ログインしてください。

ログインID:
sanyo
パスワード:
1212
最新の施工実績はこちら